愛人募集の経緯〜パパ活する女性を応援したいから愛人契約しました

MENU

 これはかなり以前からあったことなのですが、困っている女性を見ると助けてあげたい気持ちが出てきてしまいます。
何らかの事情で生活が困ってしまっていたりする、学費に困ってしまっているといった女性を見ると、囲って援助してあげたくなってしまう性格なのです。
そういう女性たちが自分と関係を持つことで、安定した生活を手に入れられて夢に向かっていける、これはとても感動的な事だって思っています。
もちろん、愛人という関係を作るのですからそれなりの行為はしますが、それでも相手の人生を補助できるのは何よりの悦びになっています。
以前は、困っている女性と知り合う機会も多くあり、何人かの方と関係を継続していました。
起業家としても成功を収めて順調な仕事を続けていますが、目下の悩みとしては助けて欲しいと思う女性をみつける事ができない事です。
以前は自分の周囲にいたこのようなタイプの女性も、ここのところはめっきり姿を見なくなってしまいました。
もちろんですが困っている女性がいないと言うのは、それは女性にとってみれば良いことには決まっているのですが、助けたいという渇望がどうしても抑えることができなくなってしまっていたんです。
生活に困っているような女性をみつける事ができたら、気持ちの方も満足することができるのになんて考えてしまったりまして。
これは贅沢な事かもしれませんが、どうしてもそのような欲望を抑えることができませんでした。
いつかは困っている女性と巡り会えるだろうという気持ちはあるものの、早めにそのような女性との出会いを求める気持ちを強めてしまうのです。
しかし、そんな状態の自分に、良いニュースが飛び込んでくることになってきたのです。
それは起業家仲間が集まるちょっとしたパーティーに出席した時に起こりました。
同じ起業家仲間の1人から、美味しい話を聞かされたのです。