愛人募集の経緯〜パパ活する女性を応援したいから愛人契約しました

MENU

 起業家仲間が集まるパーティーに出席をして、思わぬ情報が飛び込んできたのでした。
起業家仲間が、助けを求める女性をみつける事ができて、サポートをしていると話てきました。
自分自身はこのような困ってる女性を助けるのが大好きだから、ちょっとだけ嫉妬心が湧いてしまったのです。
自分は最近は助けることが可能な女性をみつける事ができないていましたから、相手が羨ましい気持ちでいっぱいになってきてしまいました。
しかも相手とは現実の世界で知り合ったのではなく、インターネットという仮想空間の中で知り合ったと言うのです。
インターネットの中ではパパ募集をするような女性は、決して少なくはないと話てきました。
インターネットを使うという方法は全く考えたことがなく、確かに考えてみれば良い方法なのは間違いがないと思えたのです。
仮想空間の中だからこそ困っている状況を口に出すこともできるし、愛人という関係を前向きに求めることもできるのです。
「インターネットの方は確実性が高いし、相手探すならリアルより全然いいと思うね」
起業家仲間にこのように言われて、なるほどと納得してしまったのです。
インターネットを使って愛人契約をしたいと言うような女性は少なくないようでした。
本当にお金に困っているような女性もいるらしく、そんな女性と知り合うことができるんだったら、自分も仮想空間を使って行こうという気持ちになったのです。
ただしインターネットという仮想空間は顔が見えない世界ですから、危険性もあるんじゃないかという気持ちもありました。
本当に相手が困っているのかどうか、この辺の判断も難しいような気がしたのです。
それでも現実でなかなか相手を探すことができない状況が続いていて、心は飢える一方でしたからチャレンジしてみるのも悪くないという気持ちになったのです。